日本アナトミック整顔整体アカデミー基礎講座

セラピストのための解剖学・東洋医学講座

この講座は体表解剖(筋学)や
東洋医学の基本となる座学や実技を学び
今現在の技術の効果を更に高め
【美容】以上の効果をもたらすことのできる
セラピストを養成することを目標とした講座です。

セラピスト基礎講座【解剖生理学&東洋医学講座】は
このような方におすすめです。

  • 自分の手技を更に向上させたいセラピスト
  • 体の基本となる解剖学や東洋医学をきちんと学びたいセラピスト
  • 手技は習得したけれども体の基礎を習っておらず不安感じるセラピスト
  • 自分の持っている手技でスクールを開催し講師業を目指すセラピスト
  • 東洋医学を学び体だけでなく内面も見据えて、総合的なカウンセリングをしたいセラピスト
  • 現在技術講師だが基本を学んだ事がなく基礎から学び生徒様に確実な技術を伝えたいセラピスト
  • 同じ手技なのに効果のある人とない人の理由が解らないセラピスト
  • アナトミック経絡整顔、アナトミック経絡整体を学び結果は出せるが、さらに解剖生理学や東洋医学の基礎を学ぶ事で未病改善のプロフェッショナルを目指したいセラピスト

セラピストの手は素晴感覚はすばらしい

自分自身は気づかれていないかもしれませんが、セラピストの方の手の感触、癒しの力は医療従事者を上回るほどすばらしい感覚をもっていらっしゃいます。

しかし
「なぜ、技術レッスンで習ったようにしているのに同じ効果が出ないのか?」
「人によって効果に差が出るのはどうしてか?」
それは、基本となる人体を構成する筋肉・骨格に対する理解や実技、お客様の体質など含め体全体を見ていく力がまだ足りていないからです。

  • 手技だけを習っても、基本となる筋肉の役割が解らなくては確実な効果は表せません。
  • 手技だけ覚えるのではなく、なんのためにその手技をするのか、その手技の目的がなんなのか?きちんと理解して触ることで一層の効果が実現できます。

筋肉の役割を知る

筋肉はただ名称を知っているだけでは役に立ちません。
1筋ずつ、どこから始まり(起始)どこで終わって(停止)いるのか、その筋肉はどんな動き(作用)をするのか、体を動かす際にその筋肉がどんな役割を果たしているのかが分かり、なおかつ、触診することができて初めて本当に理解したと言えます。

美容の悩みは『未病』の始まり

そして、サロンに来られるお客様は【美容】の悩みで来られますが、「疲れた」「痩せたい」「小顔になりたい」「美白したい」「大人ニキビをよくしたい」など、これらの悩みは全て未病といわれるものでもあります。

血流不足により筋肉の動きが鈍くなり、たるんだり固くなったり更に他の部位まで血流不足が進みます。
経絡の不調和は全身の気血水の調和を乱し、むくみ、冷えなどの水毒症状やイライラ、毛穴、くすみなどのオケツを生み出します。

つまり美容の悩みは未病なのです。

未病段階では病院に行かれるほどでもなく、受診しても「気のせい」「疲れ」で 終わってしまいます。または、それ以前に、お客様自身もご自分の美容の悩みが 実は未病であったとは気づかれていないことがほとんどだと思います。

お客さまの視点に立ってみる

どちらが喜ばれるでしょうか?結果は誰もが、気づかれているはずです。

しかし、今現在の日本のセラピストの学びの環境は、このような事を受講する場が非常に少なく、無いに等しいです。

医療従事者が3年間かけて学ぶ体のことを、民間資格であるセラピストには本格的に学ぶ場がありません。

そのような環境から残念なことに、医療従事者とセラピストとの間には大きな隔たりがあります。

では、医療従事者の国家資格をとればいいのかというと、実際問題として、専門学校に行き3年間かけ学ぶ時間を確保することも難しいでしょう。それに、医療に関する観点だけでは美容のお仕事はできません。

日本ではまだ【美容の悩みは未病の始まり】という考えが浸透しておらず、今後伸びていく分野となるために専門的に学ぶ場が少ない状況ですが、それは逆に言うとチャンスなのです。
この講座では美容スクールでは学べない専門的な筋学、東洋医学を美容の仕事に活かせる内容で解りやす く学んでいただきます。

基礎講座【解剖生理学&東洋医学講座】を学ぶと
このような結果が訪れます

  • 個々のお客様に合わせた手技ができるようになり、一層の効果が表れます。
  • 美容の悩みの裏側に未病があることが解り、対処法が見つかります。
  • 講師として自信と責任を持って主催するスクール業ができます。
  • カウンセリングに時間をかけなくても、その方の状態が早く解るようになります。

体表解剖(解剖学)

  • リンパの働き

    体の歪みを見る
    体を歪みを見るために必要なランドマーク(骨指標)

  • 体の仕組み

    体の仕組み
    体を作る骨格・筋肉の種類や働きについて

  • 美乳を作る筋肉

    美乳を作る筋肉
    猫背・呼吸・背部痛などの改善に関わる胸部背部の筋肉の正しい位置の確認

  • リンパの働き

    くびれウエストを作る筋肉
    腰痛・坐骨神経痛・便秘などの改善に関わる腹部腰殿部の筋肉の正しい位置の確認

  • 美脚を作る筋肉

    美脚を作る筋肉
    膝痛・O脚・冷え性・むくみなどの改善に関わる下肢部の筋肉の正しい位置の確認

  • リフトアップ・小顔を作る筋肉

    リフトアップ・小顔を作る筋肉
    肩こり・眼精疲労・たるみなどの改善に関わる顔面~肩部の筋肉の正しい位置の確認

解剖学(体表解剖)の学習ポイント

人間の体は筋肉で形作られています。
きれいなボディラインを作るのも、たるみの原因となるのも、体の歪み・肩こり・腰痛など、これら全てに関わるのも筋肉です。そして、筋肉のポンプ作用は全身に酸素と栄養を送り、不必要なものを排泄させる体の循環の要でもあります。

人間の体にはメカニズムがあります。
運動学的に見ると、何か動作をする時に共同して働いてくれる共同筋、倒れたりしないようにうまくバランスをとってくれる拮抗筋、全体を覆っている筋膜など、筋肉は体を動かす時に連動して働き、それにはそれぞれパターンがあります。

体のメカニズミムが分かれば、お客様のお悩みが、どういう原因で起こっているのか、改善するためにどの部分をメインに施術すれば良いのか、施術のポイントが見極められるようになります。

解剖学(筋骨)では、人間の体はどんな骨組みで、そのそれぞれの骨についてる筋肉がどう働くのか、体の運動学的なメカニズムを理解して、見極めた筋肉を的確にアプローチできるようにその起始・停止を覚えていただきます。その際、各筋肉の効果的な緩め方などの施術ポイントもお伝えしております。そのポイントを今現在お使いの施術手技に活かしていただくと、施術効果を最大に引き出していただけることになることは今までの受講生様からのお声から確信しております。

解剖学(筋骨)や体のメカニズムが分かるとお客様のお悩みに対するアドバイス内容も変わってきますので、今まで以上の信頼関係を築くことができます。

セラピスト基礎講座は、お客様の大切なお体をあずかるセラピストとして、ぜひ学んでいただきたい体の基本です。さらに、日本アナトミック整顔整体アカデミーの手技と共に受講していただくと「なぜ、この手技が必要なのか?」深く理解することができ、より一層にお客様に寄り添う手技が可能になります。

体表解剖(解剖学)

東洋医学

  • 気血津液

    気血津液
    東洋医学の基本概念である気血水を生理学ホメオスタシスと重ねて解りやすく説明します。

  • 陰陽五行論

    陰陽五行論
    各臓腑の役割とどのように影響し合うのか?実際にある症状などと照らし合わせて説明します。

  • 五味色体表、病因論

    五味色体表、病因論
    どのような現象が美容の悩み、未病を引き起こすのか?現代医学にはない概念などのご説明します。

  • 経絡経穴

    経絡経穴
    主要経絡の反応点を見て、どの経絡に不調があるのか見極めます。

  • 肌トラブルの根本原因

    肌トラブルの根本原因
    腹部の症状の味方と経絡の不調部分の処置法を学び、どのように腹部の状態が変わるか学びます。

  • 東洋医学カウンセリング

    東洋医学カウンセリング
    学んだ東洋医学の復診、経絡診と五行の関係性を使った実際のカウンセリングで不調臓腑の見極めと処置法を行いどのように変化するかを学びます。

東洋医学の学習ポイント

東洋では昔、医術として存在した東洋医学。

手技のレッスン【アナトミック経絡整顔】と【アナトミック経絡整体】では既に、経絡経穴や陰陽五行のアンバランス、表裏関係などの不調和を解決できる手技として完成していますが、こちらの基礎講座では【東洋医学の基本となる考え】を学びます。
そのため、東洋医学の基礎のみ知りたい方も受講していただけます。

現代では代替療法と言われるようになりましたが、原因不明の体調不良、肌トラブルが増えるにつれ東洋医学が見直されつつあります。西洋医学的にはただの【疲れ】であっても東洋医学では【未病】として診断ができ、症状に合わせたアプローチがあります。東洋医学としてよく知られるのは【陰陽五行】や【気血水】などで、短時間の講座も増えてきました。ただ、これらは基本的な体の循環でありその存在を知っただけでは現場で生かす事はできません。

手技の講座【アナトミック経絡整顔】と【アナトミック経絡整体】を学ばれた方は、より深く【なぜ、この手技が必要なのか?】理解が深まり、その他の元々お持ちの手技のある方は、より東洋医学を生かした手技やカウンセリングが可能になります。

どの臓腑がダメージを受け、他の臓腑に影響するか、その結果どのような症状が出て、最終的にはどの経絡や経穴にアプローチが必要なのか、普段の生活のアドバイスはどうするか、ここまで理解していただきたいと考えています。

【東洋医学は難しい】や【東洋医学は矛盾している】と感じる方もいますが、きちんと理解すれば全て理にかなった、素晴らしい学問であると実感し、今まで【同じ施術をしても効果のある方とない方】の理由も解り対処方法も変わってきます。

美容歴20年以上の現場経験と鍼灸師としての知識を合わせ、またホメオスタシスなど生理学の考えと東洋医学の気血水の考えを癒合させ、受講生の方には、より理解を深めていただけるようお話しすることを意識しています。

体表解剖(解剖学)

プロフィール

講師は二人とも、セラピストでありながら医療従事者

講師はそれぞれ柔道整復師、鍼灸師の資格を持っています。
自分自身、悩み、学び追求し、そして長い年月をかけて医療で学んだ知識を美容へと融合していきました。

セラピストの方に無駄なく本物の知識、技術を学んでいただきたい。
メディカルレベルの知識を武器とし自分自身の技術を向上させ、【癒しの手】でお客様に喜びと幸せを運べるセラピストを養成したい。
そんな想いから、この講座を企画しました。

どうぞ、この講座で解剖学(筋骨)、東洋医学の知識を高め、今現在の技術を更に効果的なものに成長させてください。
そして、どこにもない自分だけの技術でトップセラピストを目指してください。

解剖学(筋骨)講師 植田 梨香

解剖学(筋骨)講師 植田 梨香

■資格
柔道整復師(国家資格)、機能訓練指導士、小学校教諭、幼稚園教諭

■卒業学校
大阪キリスト教短期大学、行岡整復専門学校

■経歴
~美容セラピストとして~
・美顔美筋整体サロン『レナータ』 オーナーセラピスト
・セラピストのための解剖学&東洋医学講座 解剖学講師
・日本アナトミック整顔整体アカデミーテクニカルプロデューサー

~柔道整復師として~
・整形外科病院勤務
・2件の整骨院勤務
・整骨院院長就任(同時に美容導入)

~メッセージ~
はじめまして。日本アナトミック整顔整体アカデミー、解剖学講師の植田梨香です。

私は実家が整骨院だった影響からか子供の時から人の体を触るのが好きで、よく担任の先生や友達の肩をマッサージしてたのを覚えています。
学生の頃実家整骨院での治療で、負傷したクラブの友達や先輩後輩などの悪かった症状が目に見えて良くなっていく過程をみて「この仕事って人に喜んでもらえる良い仕事だなあ」と漠然と思っておりました。

マッサージして人に喜んでもらうことは大好きだったのですが、幼稚園の先生になりたいという、もう一つの夢を叶えるべく幼児教育の短大に進学しました。
子供たちとの関わりはとても楽しく有意義だったのですが・・・やはり私は人の体を施術して良くなっていただくことが一番嬉しい!そのことに気づいたので、専門学校に入学して資格をとりました。

それからは、産後を除きずっと施術に携わっております。
柔道整復師としては20年以上医療業界に従事し、気がつけば4万人以上の患者様の身体をケアさせていただきました。

特に筋肉が大好きな私は、指先から足先まで全身全ての筋肉を触診調整できるようになりたい!筋肉を極めたい!との思いから20年前に、筋肉マニアが集う「徒手療法研究会(現MT−MPS研究会)」に入会し、今も勉強させていただいております。そこで徒手療法の第一人者である小林紘二先生から直接技術を学べたことはとても幸運なことだったと思っています。

解剖学では、医学部人体解剖トレーニングセミナーに長年参加させていただきました。
実際の筋肉の走行や筋連結、関節部分の複雑な筋腱配置、臓器と腹筋群の実際の位置関係、脈管神経の走行、体の大きさによる筋肉のボリュームの違いなど、ご献体で勉強をさせていただけたことは私の解剖学の生きた知識として貴重な財産になっていると思います。
骨格筋教材の著者である先生にご指導いただけたことも本当に幸運だったと思います。

素晴らしい先生方との出会いがあり、筋肉の調整ができる施術家としてMT-MPS手技で国体選手の日々のコンディショニングケアや国際大会のメディカルトレーナー契約、トップスポーツ選手のコンディショニングケアにも力を入れておりました。
と同時に日々の施術で
腰痛の施術でウエストがキュッとくびれたり
殿筋と腿裏の施術でお尻がヒップアップしたり
股関節の施術で下半身のムクミがスッキリしたり
偏頭痛の施術で驚くほど小顔になったり
肩や背中の施術でバストアップしたり

施術が進むにしたがって出てくる美容効果に大喜びしてくださる患者様の様子をみて、治療ドップリだった私がそれまで気にもしてなかった美容に目ざめました。

この施術ってスゴイ。皆さんきれいになってイキイキしてくる! これって美容にこそいかせる!!
そう確信して、
2007年整骨院院長就任時に美容を導入
2011年整骨院を退職、と同時に美容と治療を融合させた美容整体サロンを新たにスタートさせました。

美容を取り入れてからは、リンパドレナージュ、アロマトリートメント、フェイシャルエステ、整顔、コルギなど、今まで知らなかった美容に関する知識を得るためにたくさんの手技を学び、施術に取り入れ試しては取捨選択していきました。

そして美容サロンとしてお客様の要望に誠心誠意お答えしようとすればするほど、美容面でのお悩みが実は生理不順や便秘、むくみや冷えやストレス、睡眠障害・・・などの体の不調とつながっており、「美と健康は表裏一体」で「美容の悩みは未病の始まり」であると痛感、「体を整えるということの重要さ」を再認識していました。

そんな時に美容に精通し生理学・栄養学にも長けておられる鍼灸師の倉橋先生と出会い、エステシャン・セラピストさんの現状やこれからの時代のセラピストさんに対する同じ思いで意気投合したのです。

近い将来エステシャン・セラピストさんたちに求められるものもきっと単なる美容だけにとどまらなくなる時がきっと来ます。
「美容のお悩みは未病の始まり」であり、今からは予防の時代。
美容に携わるエステシャン・セラピストさん達にこそ、病気にならない体づくり・未病ケアが担えるのではないかと思うのです。

東洋医学の未病ケアの考え方はまさに予防そのものです。体は全てがつながっています。
目の前にある症状だけにとらわれるのではなく、陰陽五行・気血水・経絡経穴の働きから体全体をみてお悩み症状を改善へと導いていく東洋医学の手法。

この手法と美容整体を組み合わせると、きっと私達の体に本来備わっている自己治癒力や免疫力を引き出し、自律神経のバランスを整える事ができる素晴らしい技術ができるはず!そんなおもいで試行錯誤を繰り返してきました。
そして、今まではなかなか良くならなかったお客様のお悩みの改善や体質改善によるうれしい成果や・さらなる可能性など、美容だけにとどまらないそれ以上のものを提供できる手技を生み出せたのではないかと思っております。

一人でもたくさんの女性が心身ともに美しく健康でイキイキと自分の人生を過ごしていただけるように、多くのセラピストさん達のサロン繁栄のためにも【 健美共存・美容以上治療未満 】の日本アナトミック整顔整体アカデミーのテクニックをお伝えしていきたいと思います。

私自身テクニックをお伝えする講師として常にサロンワークに携わり、より良いものをお伝えできるようにこれからも経験を積み重ね精進していきたいと思っております。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

東洋医学講師 倉橋 美保子

東洋医学講師 倉橋 美保子

■国家資格
鍼灸師、美容師

■卒業学校
森ノ宮医療学園、グラムール美容専門学校

■経歴
・有限会社ボヌールツリー代表取締役
・鍼灸サロンボヌールツリー
・日本アナトミック整顔整体アカデミー代表&東洋医学講師
・セラピストのための解剖学&東洋医学講座
・ricottojapan楽天市場店
・一般社団法人JESA理事
・JESAテクニカルプロデューサー
・オリジナル化粧品製造及びサロン卸販売

~メッセージ~

始めまして。日本アナトミック整顔整体アカデミー代表、東洋医学講師の倉橋美保子です。
私は十代の時に過剰なスポーツで生理が止まったり、膝が動かなくなり、何をしても治らなかったのに鍼灸で一瞬で治った経験がありました。それ以来、ずっと【鍼灸師になりたいな】と思いながらも、肌の悩みもあったことから美容の世界に入り、私のキャリアはエステ、メイクから始まります。

鍼灸師の養成学校に行ったのは妊娠、出産、離婚を経てサロンを開業し38歳の時でした。
他の鍼灸師の方と比べて随分と遠回りをしたと思います。
鍼灸師になったのはやはり、十代での強烈な経験とエステのキャリアを積めば積む程、沢山の疑問が出てきたことがきっかけです。【何故、効果のある人、無い人がいるのだろう?】【このテクニックの意味は何だろう?】そんな質問を受講先の先生に質問しても【そんな人もいる】【解らない】という返事ばかりで、【私は果たしてこのままでいいのだろうか?今、しなければならないことがあるのではないか?】と思い、やはりなりたかった鍼灸師を目指そう!とやっと重い腰を上げました。

遠回りをしたおかげで鍼灸師の勉強で東洋医学、解剖学、生理学、免疫学どれを学んでも全て美容に繋がっていることが理解できました。
そして女性によくある肌トラブルの【ニキビ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴】、身体の悩みの【痩せない、太りやすい、ボディラインの崩れ】、身体の不調の【更年期障害、頭痛、関節痛、生理の乱れ、PMS症候群】などは全て繋がっていること、全て同時に解決できることを理解しました。

現在は、過去に私が感じた【美容効果を最大限に引き出すには解剖生理学や東洋医学の知識が必要だ】と同じように考えるセラピストさん方の育成、サロンワークとしてエステ、美容鍼、全身調整鍼をおこなっています。
全身調整鍼の幅は広く、更年期障害、花粉症、アトピー性皮膚炎、治療法のない難病、医師に原因不明の不調と言われた方も多いのですが、良い結果を出しています。

ありがたいことに顧客様の中には医師、セラピストさんも体調維持の為に多くの方にお越しいただいています。美容出身の私がなぜ、難病の方などにも対応できるのか?と言うと、それは美容も健康も繋がっていることを理解しているからです。
特に難病や原因不明の症状は対処療法である現代医学で考えれば、治療法がないのですが、全て陰陽五行で考える東洋医学では原因が見つかり改善の余地があります。

今後の日本は益々、難病、ガン、原因不明の症状が増えて行くでしょう。
そして現行の保健医療ではなく海外先進国の様に、予防や代替えを重要視する消費者が増えてくると考えています。
その時に備えて、国家資格が無くとも一般のエステサロンでも養生ができるテクニックが必要と考えていましたが、東洋医学のテクニックを鍼を使わず再現するには再現性に乏しいという難点がありました。

どうしたものか?と思案している時に、同じ志を持つ柔道整復師である植田先生と出会い、筋肉、筋膜、リンパの働きと東洋医学の陰陽五行、気血水、経絡経穴の働きを試行錯誤し完全に融合させ誰もが再現性のあるテクニックを創りあげることができました。
東洋医学の経穴(ツボ)は、そのまま手技で押しても効果は薄く、経絡はなぞるだけでは効果が少ないのです。
ハンドテクニックで経穴(ツボ)を鍼灸と同じように動かし、経穴(ツボ)同士の組み合わせで経絡を作動させる。
それには筋肉や神経のつながり、東洋医学のつながりを全て重ね合わせて考える必要がありました。
これは、やはり医療従事者として美容家として常に現場に立ち、現代医学、東洋医学を学び続けてきた二人だからこそ出来たことだと自負しています。

私達は、自分自身が【美と健康を繋げるサロン】で現役を続けながら、尚且つ、将来の日本社会のために、そして多くのセラピストさんが輝けるサロンを創造するために【美容以上治療未満】の日本アナトミック整顔整体アカデミーのテクニックを広め、【美しさの追求と健康の追求は同じである】という考えが日本社会の中で当たり前の常識となるように活動して行きたいと考えています。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

受講内容

日本アナトミック整顔整体アカデミー基礎講座
1回目 解剖学(筋骨)

【体に関わる筋肉のしくみについての概要】

  • 筋肉の種類
  • 筋肉の働きについて
  • 体の主な筋肉(骨)の名前
  • 立つ、座る、歩くなど人間の基本の動きのメカニズムについて
東洋医学 【東洋医学とは】

  • 東洋医学の世界観、病因論
  • 気血津液について(ホメオスタシスと共に説明します。)
  • 未病とはなにか?なぜ美容の悩みは未病の始まりなのか?
  • 陰陽五行の説明
2回目 解剖学(筋骨) 【背部・胸部の筋肉の体表解剖】

  • バストアップや猫背・巻き肩などに関わる筋肉の正しい位置を確認していただきます。
東洋医学
  • 前回の復習(陰陽五行)
  • 五味色体表の説明とどの臓腑に関係しあうのか?
  • 5臓の特徴的な症状(美容と未病)
3回目 解剖学(筋骨) 【腹部・腰臀部の筋肉の体表解剖】

  • くびれウエスト・小尻・腰痛などに関わる筋肉の正しい位置を確認していただきます。
東洋医学
  • 前回の復習(陰陽五行、五味色体表)
  • 腹診、経絡診(肺、心包、心)と処置法
4回目 解剖学(筋骨) 【大腿・下腿の筋肉の体表解剖】

  • 脚やせ・冷え性・膝痛などに関わる筋肉の正しい位置を確認していただきます。
東洋医学
  • 前回の復習(陰陽五行、五味色体表)
  • 腹診、経絡診(肝、腎、脾)
5回目 解剖学(筋骨) 【咀嚼筋&頚肩部の体表解剖】

  • リフトアップ・肩こり・偏頭痛・眼精疲労などに関わる筋肉の正しい位置を確認していただきます。
東洋医学
  • 相モデルで東洋医学カウンセリング法を使い実際の不調臓腑と関係する臓腑アプローチポイントを探る。
最終確認テスト 解剖学(筋骨)&東洋医学の実技
ディプロマ
ベーシックコース受講終了し、確認テストに合格されますと修了証を発行いたします。

受講日程・受講料

ベーシックコース
1回目 2018年1月15日(月)

受講場所:大阪京橋(徒歩1分)
時間:AM10:30~PM3:30(休憩1H)
※延長する可能性が大きいので予定は余裕をみてください。

受講料:ベーシック ¥120,000(税別)

2回目 2018年2月5日(月)
3回目 2018年3月5日(月)
4回目 2018年4月2日(月)
5回目 2018年5月7日(月)
ベーシック
修了試験
2018年6月4日(月) 解剖学(筋骨) 実技&学科 / 東洋医学 実技&学科

※学ばれたことを正しく理解し、自分のものとしていただきたいので、修了書は修了試験【実技、筆記】70%以上の成績で発行いたします。
70%に満たない場合はフォローアップ期間内(1年間)にある講座修了試験時に再チャレンジしてください。(2回目以降は試験代¥5,400)

■参考書籍(教科書として下記の書籍を事前に各自ご購入いただきます。)

    • 『改訂版クリニカルマッサージ DVD付』 医道の日本社 6696円
    • 『中医学ってなんだろう』 (1)人間のしくみ 小金井 信宏 著 4800円

■持ち物:毎回お願いします。筆記用具、フェイスタオル、参考図書
■服装:実技がありますので着脱しやすい服装

■受講のお申込みに関するご注意
※男性の受講は現在、受け付けておりません。
※ネットワークビジネスMLMをされている方の受講はお断りしています。
 虚偽が発覚した場合、受講途中であっても停止させていただきます。その場合、受講代金は返金いたしませんのでご注意ください。

~無料特典~

  • 次期講座、次々回講座の二期連続無料参加OK!
    (同じ受講内容も1回よりは2回受講された方がより深く理解できます!)
  • 一年間のアフターフォロー(お客様の症状など、判断が難しい場合お気軽にご質問いただけます!)

受講お申込み

は必須項目です。

ご用件
お名前
フリガナ
ご住所
お電話番号
メールアドレス
メッセージ

送信する

お電話でのお申込み・お問合わせはこちらまで
tel. 06-6882-0118
(月曜、火曜定休日)

(c)2015 セラピストのための解剖学(筋学)&東洋医学講座.