小顔整顔、美容整体を学ぶブログ

Blog

美容の悩みは自律神経の乱れから始まる事例【自律神経調整の美容整体スクール】

こんにちは。美と健康をつなげる小顔整顔(アナトミック経絡整顔)と美容整体(アナトミック経絡整体)の日本アナトミック整顔整体アカデミーです。

 

日本ではまだまだ【美容は美容】【病気はクリニック】【体調不良はドラッグストアの薬で誤魔化す】という考えが根強いですね。

私のサロンのお客様もブログを見て初めて【私、未病だと思います。だからシミがなくならないんだって気づきました!】とか

【顔のたるみや毛穴ばかり気にしていたけど、実は未病だったんですね!】と気づき始めました。

そうなんですよね~本当、現代って未病だらけですよ。

辛い症状があるけど、病院で診断名はつかない!だから健康という判断基準はそろそろ時代遅れなんじゃないかな?と思います。

病院で診断名はつかないけど、つらい症状がある!⇒未病

この未病って日本ではまだ、医療の分野ではないんですよね。

この未病の段階でいかに改善するか?改善出来るセラピストを全国に広めるか?

美容の改善=未病の改善が日本の美容業界のスタンダートにするんだ!という事が日本アナトミック整顔整体アカデミーの理念です。

そんなわけで今日は美容の悩みと思っていた方が実は未病、とりわけ自律神経の乱れであったという実際の例を使って記事を書かせていただきますね。

 

 

 

 

 

シミが消えない、くすむ、顔、下半身がむくむ、痩せないという悩みでご来店された方

 

 

ある日、50代の新規様が来られました。

 

●シミにずっと悩んでいる
●くすみもひどい
●毛穴とたるみも気になる
●むくむ
●敏感肌
●スタイルも気になるしダイエットしたいけど食欲が止まらない

 

このような悩みでしたがよく聞くと

 

●朝起きるのがつらい、首肩背中全て痛くて中々起きれない
●夜中に何度も目が覚める
●寝ても疲れが取れない
●胃が重い
●便秘がち
●ついついネガティブな思考になる

 

こんなお悩みを持たれていました。

そして今まで痩身リンパマッサージ、筋膜リリースや美白エステ、様々な事を繰り返したけれど「その時はいいけど、すぐに戻る。」だったそうです。

それで自分なりに色々、調べて「自分は未病なのかもしれない。根本から改善しないといけない気がする」と気づき「でも、どこに行ったらいいのだろう?」とネットで色々検索されて私のサロンにたどり着かれたそうです。

カウンセリングした時の私の第一声は「本当に今の段階で気づいて、ご来店いただいて良かった!」です。

 

 

東洋医学の考え

 

この方は【血の道症】という日本東洋医学で昔から言われている女性特有の症状でした。

アナトミッ経絡整体プロフェッショナルコースの方には生理学と合わせて詳しくお話しますね。

ブログでは簡単に書きますがいわゆるオケツの状態でおまけに、水毒の症状もありました。

大体が血と気の関係、血と水の関係、気と水の関係がありますから、1つ崩れだすと全てバランスが崩れるというのが東洋医学の考えです。

だからオケツの症状だからと言ってオケツにばかり気を取られていたら、いけないんですよね。

そこが又、東洋医学の奥深い部分です。

そして、何より水毒で膀胱系が動いていません。そのせいで全身に湿疹があり常にどこかが痒い状態です。

そのくせ、いつも喉が渇く⇒飲むとむくむ、全身が痒くなるの悪循環

体の中の水が循環していないのに、リンパで無理やり流しても水毒は全く改善されません。

痒みを抑える美容クリームなどを塗っても痒みは収まりません。

だって皮膚常在菌、PHバランス、バリア機能の問題ではなく水毒だからです。

次にオケツの状態でしたが血虚【血が足りない】の状態を非常に長期間過ごされていたので、血虚+オケツで難しい状態です。

美白エステをしても、ピーリングをしても、根本のオケツの改善をしなければシミは一瞬は改善しても同じ場所に更に濃くなって現れます。

 

パックもクレンジングもしていないのにアナトミック経絡整体で効果が出る理由

 

写真をアップ出来ないのが残念ですが、1回の施術で相当な美白をされました。
瞳も大きくドライアイのはずが潤って輝いています。

なぜそうのような効果が出るのか?というと簡単に言えば経絡を整えたからです。

この経絡って解剖学的に表現すると【自律神経の超ウルトラ調整】

東洋医学の調整方法は自律神経を調整するために知覚神経、反射、運動神経などあらゆる神経を安全にアプローチします。

あまり知られていませんが【落ちるところまで落ちた自律神経の機能はそう簡単には改善しません。】

特に教科書通りの解剖学的な考えだけでは無理です。

 

あらゆる視点を持つ事

東洋医学を熟知する事

常に東洋医学の考えを解剖学的にも検証する事

 

この3つが何よりも大切だと日本アナトミック整顔整体アカデミーは考えています。

東洋医学の経絡って、本当に不思議です。

まっすぐ伸びていると思ったら、らせん状になっていたり隣のツボと連絡し合い新たなルートを作っていたり。

経絡の他に経筋という流れがあるのですが、これはほぼ、アナトミートレインという筋膜の繋がりです。

ちなみに筋膜リリースってこの筋膜のつながりを整えるというものですが、やはり筋肉の位置を正しく知り、触れないと正しい筋膜リリースは出来ないんですよ。

昔の人って本当にすごいんだけど、出来たらもう少し詳しく書いててほしかった!

らせん状とか別ルートなんて自分で気づかないと、誰も教えてくれませんもんね(笑)

そして、その東洋医学の考えだけでなく解剖学的にはどうか?

考えていくと自律神経を非常に効率よくアプローチする事が出来ます。

そうやって完成したハンドテクニックがアナトミック経絡整体という美容整体です。

自律神経が動き出せば、あらゆる器官が動き出しますので自然とオケツや水毒は改善され、くすみやだるさ、過食、むくみ、痩せない、朝の辛さ、胃腸障害、便秘、睡眠障害などは改善されていきます。

勿論、運動の事、食事のアドバイスもしました。

 

機械も使わなかったら錆びるし、使いすぎたらヒューズが飛びます。

ガソリンの質が良くなかったら長く、いい状態で安定した動きはしません。

人間の体で言うと「錆びる=運動しない」「ヒューズが飛ぶ=自律神経が乱れて壊れる」「ガソリン=栄養」です。

 

 

 

 

アナトミック経絡整体という美容整体は東洋医学と解剖生理学から成り立ちます

 

以前にも書きましたがアナトミック経絡整体はベースに東洋医学の考えがあります。

そして、東洋医学の考えに解剖生理学を当てはめて検証し完成した日本生まれのハンドテクニックです。

 

ツボや経絡は元々、鍼灸を使う事をベースとして考えられています。

鍼や灸の気血水を通す力はすごいのですが、同じ事をハンドテクニックで行っても鍼灸と同じ効果は出て半分かそれ以下です。

だから指や手でアプローチする場合は、テクニックを改良する必要があります。

経絡的にはこうだけど、ハンドの場合は○○の方が効果が出る。だから○○筋のこの部分とこの部分をこう触りアプローチする。
そしてこの場合は筋膜をリリース又は筋肉のトリガーポイントに、この方向にアプローチする事でツボが動き出します。

解剖学講師 植田梨香

国家資格がなくても、初心者の方、エステシャンの方も最初から理論まで完全に理解する事は難しくても手技は受講中に完璧に仕上がります。

そしてその後も無料アフターフォロー講習やFB卒業生秘密の部屋でいつでも相談出来ますからご安心くださいね。

 

次は顔が長く二重顎で悩まれたお客様、実は○○が原因だったお話を書きますね!

 


The following two tabs change content below.
倉橋 美保子

倉橋 美保子

東洋医学講師、鍼灸師
自宅サロンからスタートし40歳前にして鍼灸師の資格を取得。日本の繊細なテクニックで美容と健康をつなげるセラピスト育成を目指しています。
詳しいプロフィールはこちら
  • JEOAの小顔整顔とは(アナトミック経絡洗顔)
  • JAOAの美容整体とは(アナトミック経絡整体)

解剖学と東洋医学から美容を学ぶ!本物志向のセラピスト、エステシャンのための
日本アナトミック整顔整体アカデミー

  • お電話でのお問合せ:
    06-6882-0118

プロフィール

日本アナトミック整顔整体アカデミー

大阪の小顔整顔・美容整体スクール 
本格技術の日本アナトミック整顔整体アカデミーです

過去記事

講座日程カレンダー

無料パンフレット請求

分子整合栄養医学講座

セラピスト基礎講座